妊活中は男女ともに葉酸サプリを飲むことが大切です

妊娠中に不足がちになるのは葉酸

葉酸サプリは男女で飲む
葉酸は聞きなれないビタミンですが人間の体内に必要とされている栄養素で、主に葉っぱに多く含まれています。妊娠してくると胎児が成長していくので、通常の栄養の他に葉酸も多く必要となります。

不足した栄養はサプリで補えますが、栄養過多は胎児にも影響を及ぼしてしまいます。
妊娠したときは葉酸サプリをメインに摂取するようにすると、赤ちゃんの成長に役立てることができます。

葉酸が不足するとどうなってしまうかというと、立っているときに目まいがしたり、歩いていると立ちくらみなどが起きやすくなってきます。

貧血状態になるので鉄分が不足していることもありますが、妊娠中は葉酸不足の方がなりやすいです。

妊娠すると疲労感が出やすくなり、集中力がなくなっていき情緒不安定の状態が続きます。周囲に八つ当たりしてしまったり、うつ状態がひどくなることも報告されています。

妊娠する前はそんなことなかったのに、妊娠してから情緒不安定になるときは育児が葉酸を欲しがっていることも考えられます。

葉酸はいちごやバナナ、鶏肉以外のレバーに多く含まれているので、普段の食事からも摂れなくはないですが、妊娠中は葉酸サプリから栄養を摂らないと不足してしまいます。

葉酸欠乏症という栄養失調になると、つわりで食欲がなくなったり、胎児の成長が思うように行かなくなったりします。

医療機関でも葉酸が不足することを危惧しているので、妊娠したら葉酸サプリを手元に置いておき、食事のときに一緒に飲むようにすれば栄養バランスが保てます。

一般の男性でも葉酸は必要

葉酸サプリというと婦人誌でもたまに取り上げられているので、妊娠中に限ると思われるかもしれませんが、男性でも葉酸は大切な栄養素です。

葉酸が不足してしまうと、精子にも影響を及ぼし、染色体異常や精子の繁殖が正常に行われないといった症状になります。

先天性障害は妊娠中の胎内で起こるだけでなく、精子でも染色体異常になってしまう可能性があるので、子供を作るときになったら男性も葉酸サプリを飲むようにすることが大事です。

子作りをしてもなかなか妊娠できないときは、女性だけでなく男性も協力してあげる必要があります。
男性が摂取する葉酸の量は、妊娠中の女性に対して半分の量で足りますが、葉酸サプリを飲んでおけば妊活に役立ちます。

葉酸が多く必要なときはアルコール類はなるべく飲まないように心がけ、レバーや緑の食物を多く食べるようにし、不足している分は葉酸サプリを飲む生活に切り替えた方が健康維持できます。